名古屋駅から徒歩3分、夜9時まで営業のメンズ脱毛専門店HAloss(ハロス)からの脱毛に関わる豆知識です。

tel:0120689863
  • 無料カウンセリング予約
  • むだ毛・脱毛のご相談

HOME脱毛に関わる豆知識 > メンズヒゲ脱毛は痛いと言うのは本当?麻酔の効果は?

脱毛に関わる豆知識
TIPS

脱毛に関わる豆知識
脱毛に役立つ知識が満載
メンズ脱毛に関する豆知識は
こちらをご覧ください

メンズヒゲ脱毛は痛いと言うのは本当?麻酔の効果は?

メンズヒゲ脱毛を経験された方のほとんどは、施術中に痛みを感じるようです。まだ脱毛経験がない人は、どのくらいの痛みがあるのか分からず不安に思うかもしれません。クリニックでのメンズヒゲ脱毛の場合は、麻酔を使うことができます。しかし、その麻酔もどれほどの効果があるのか想像することは難しいでしょう。

そこで、メンズヒゲ脱毛は本当に痛みがあるのか、また麻酔はしっかり効いてくれるのかどうかについてご紹介します。さらに、名古屋で痛みの負担を抑えてメンズヒゲ脱毛ができるサロンについてもご紹介しましょう。

メンズヒゲ脱毛、気になる痛みはどれくらいなのか?

 

身だしなみを気にする芸能人の多くはメンズヒゲ脱毛を経験しているようですが、「肌に火花を当てた感じ」と例えている方もおり、脱毛の痛みは強烈だと感じさせます。中には麻酔がないと施術ができないというケースも少なくないようです。

毛抜きなどでヒゲを抜いた経験がある方もいらっしゃると思いますが、メンズヒゲ脱毛はヒゲを抜く以上の痛みを感じるとされています。ヒゲは他の部位よりも毛の色素が濃く、また毛根が深いところにあるので、どこよりも痛みを感じやすいのです。

脱毛方法によっても痛みが変わる

メンズヒゲ脱毛の痛みは脱毛方法によっても強さが変わってきます。一般的に、メンズヒゲ脱毛では光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛があるので、それぞれの痛みの度合いをご紹介しましょう。

光脱毛の場合

光脱毛は3つの脱毛方法の中で、最も痛みが少ない施術方法です。レーザー脱毛に比べて威力が低く、また1度に広範囲への照射ができることからショット数も少ないので、痛みを感じる時間が少ないと言えます。

レーザー脱毛

メンズヒゲ脱毛で痛みを感じるという意見で多いのはレーザー脱毛です。上記の火花を当てたような痛みもレーザー脱毛に対する意見でした。ただ、医療機関で行われる施術なので、麻酔をすることで痛みを抑えることが可能です。

ニードル脱毛

こちらは針と電流を使った脱毛方法なので、痛みに関しては施術師の技量によって差が出るでしょう。手際の悪い施術師の場合はレーザー脱毛以上の痛みを感じる恐れがあります。また、エステでの施術なら麻酔は使用できません。

痛みの感じ方は個人差がある

メンズヒゲ脱毛で痛みを感じる人が多い一方、あまり痛みを気にしない方もいらっしゃいます。光脱毛やレーザー脱毛は黒い色素のメラニンに反応するものなので、肌が色白な人は肌が色黒な人や日焼けしている人よりも痛みは少ないのです。

また、痛みはヒゲの密集度によっても変わるでしょう。ヒゲが青くなる人は密度が高いのでフラッシュやレーザーは反応しやすいので痛みを強く感じてしまいます。この場合は色白の人でも痛みが強く、色黒であればさらに痛みが増すでしょう。

脱毛が痛く感じるのはどうして?

脱毛で痛みを感じてしまう理由は、脱毛の性質によるものです。以前はニードル脱毛が主流でしたが、高度の技術が求められる上に手間がかかることから数が減っています。なので、現在の一般的な脱毛方法は光脱毛かレーザー脱毛の2つです。

どちらもメラニン色素に反応する光を照射することで脱毛ができます。光が当てられると毛根はダメージを受け、毛の生成や成長がストップし、毛穴から毛が生えにくくなるのが脱毛の仕組みです。男性のヒゲの場合、黒くて太い剛毛な毛質であるため、フラッシュやレーザーを照射すると光の反応が強くなりやすいため、強い痛みを感じることがあります。

メンズヒゲ脱毛で痛みを感じる理由のほとんどは脱毛の性質ですが、それ以外にも痛みを感じる理由が2つあります。どんなことが考えられるのか、2つの理由も見ていきましょう。

顔は痛みを感じやすい部位

人間の体は全身皮膚に覆われていますが、皮膚の厚さは部位によって異なります。皮膚が分厚い部位よりも、皮膚が薄い部位の方が脱毛による痛みを感じやすいのです。顔は体の部位の中でも皮膚が薄い場所であるため、皮膚が厚い膝などと比較して痛みを感じやすくなります。

また、肌は全身の中で常に露出する部分で、紫外線の影響を受けやすい場所です。紫外線によって肌が焼けたり、紫外線のダメージで肌の水分が減ったりして、肌を守るバリア機能も低下し、ますます肌を傷つけやすくなります。

肌の状態によっても痛い

毛の太さや濃さ意外にも、肌の状態によって痛みが強くなることもあります。傷のない健康的な肌と傷つき荒れた肌を比較すると、調子の悪い肌の方が強い痛みを感じるでしょう。

ほとんどの男性はマナーとして毎朝ヒゲの手入れを自己処理で行っているかと思いますが、その自己処理は肌を傷めている可能性が高いです。特にT字カミソリを使っている場合は、刃がヒゲと皮膚の両方を剃って、目には見えない傷を付け、炎症しているかもしれません。炎症が起きている肌に強い光を照射すれば刺激も大きくなるので、一段と痛みを感じやすいというわけです。

痛みは本当に軽減される?麻酔の効果について

レーザー脱毛を受けるメリットは、施術が完了すればほとんど自己処理が不要で、また麻酔により痛みを防げることです。麻酔は一般的な手術でも用いられるものなので、痛みに対して効果があると期待されるかと思います。

しかし、実は麻酔が効かず痛みを我慢しなければならないケースも存在するのです。麻酔にも様々な種類がありますが、笑気麻酔は痛みを感じることがあります。笑気麻酔は笑気ガスを吸引する方法で、注意したいのが吸引をとめるとすぐに効果が切れてしまうので、麻酔をしても痛みを感じやすいのです。

つまり、施術中に痛みを回避するためには、痛みを我慢して鼻からの深呼吸を続けなければなりません。しかし、施術中に深呼吸を意識することはかなり難しく、また痛みを感じている時は体を硬くさせ、息を止めてしまう傾向があります。力が入りやすい状況なので、深呼吸しながらリラックスした状態を維持するのは容易なことではありません。こうなると麻酔をしている意味もないかもしれません。

中には表面麻酔と笑気麻酔を両方用いて痛みを軽減するケースもあります。ただし、クリニックによって有料か無料かは異なるので注意が必要です。

照射後の対応について

レーザー脱毛の施術後は肌に赤みが残る傾向があります。光により肌は熱を持つので日焼けのようのヒリヒリ感があるでしょう。しかし、この赤みやヒリヒリ感は時間が経てば引いていきます。

中にはなかなか炎症が引かない場合もあります。そう考えてクリニックでは、照射後に炎症止めの薬品が処方されます。赤みが引かない場合やプツプツとした毛嚢炎が生じた時に塗るものです。治療代に入っているのか、処方は別途なのか確認しておくと良いでしょう。

光脱毛でも照射後に赤みや肌のほてりを感じることがあります。これも一時的なものなので、少し経てば治まります。ただ、肌トラブルの場合はクリニックのように薬が出ることはありません。ですが、HAlossなど名古屋の脱毛サロンでは看護師資格を持つスタッフが在籍していることもあり、最低限のケアをしてもらうことができ、さらに医療機関と提携しているのであれば、速やかに治療による正しいケアで肌トラブルを抑えることができます。

クリニックとサロン、どちらを選んだとしてもアフターケアの体制がどうなっているのかを確認し、痛みや肌トラブルに対して安全に対処してくれるところで脱毛をしましょう。

メンズヒゲ脱毛に使われる麻酔の特徴

ヒゲ脱毛では痛みが多い鼻下部分の脱毛の際に麻酔が多く使用されますが、麻酔と言ってもいくつかの種類があります。どういった麻酔であるのか特徴を知らなければ安心して受けることができないでしょう。

クリニックによって麻酔の種類に違いがあり、自分で選択することが可能な場合もあるので、特徴を知っておくことで不安なく脱毛を行えます。そこで、それぞれの麻酔の特徴について解説していきます。

ヒゲ脱毛で使用される麻酔:笑気ガス

歯医者でも使用されることが多い麻酔なので名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?笑気ガスは、窒素と酸素を混ぜて作られたガスで鼻から吸引することで脳の中枢神経の働きを抑制することができるのです。笑気ガスの精神鎮静作用によって緊張が解けて身体がリラックスできるので、恐怖心をなくしてヒゲ脱毛を行えます。

ヒゲ脱毛で使用される麻酔:麻酔クリーム

皮膚表面麻酔とも呼ばれる麻酔クリームはヒゲ脱毛を行う1時間ほど前に塗ることで効果を発揮します。市販でも販売されているのですが、クリニックで使用されるクリームは高濃度なので、より痛みを和らげることができます。

麻酔クリームの特徴としては、副作用が低いので安心して利用できる点でしょう。ただし、人によっては効果を感じられない場合もあります。

ヒゲ脱毛で使用される麻酔:局部麻酔注射

こちらの麻酔も歯医者で使用されることが多い麻酔です。麻酔薬を注射することで痛みを伝える脳の神経を遮断します。全身麻酔とは違い、意識もあるのでどういった施術をしているかを把握でき、身体への負担も少ないでしょう。ただし、ヒゲ脱毛よりも注射が痛いと言われることもあるので、痛みが苦手な人であれば避けた方が無難です。

痛みを抑えて脱毛するには?

クリニックで行われる麻酔の特徴についてご紹介しましたが、痛みを抑える方法は自分でも行うことができます。少しでも痛みを和らげるため、以下の方法を試してみてはいかがでしょうか?

カフェインの摂取を避ける

カフェインには神経を敏感にさせる作用があるので、痛みが感じやすくなってしまうのです。そのため、ヒゲ脱毛を行う朝にカフェインを摂取しないようにすると痛みを抑えることができるかもしれません。コーヒーや紅茶のほか、緑茶、ウーロン茶、ココアなどにも含まれているので気を付けましょう。

保湿を行う

 

乾燥肌の人は脱毛をすることで痛みを感じやすいです。そのため、脱毛を行う間は保湿を心がけてください。特に日焼けをしてしまうと乾燥しやすいので、日焼け対策を怠らないようにしましょう。

睡眠をとる

身体がリラックスした状態であると痛みは感じにくくなります。睡眠不足や風邪などを引いていると身体が緊張してしまうこともあるため、体調が万全なときに脱毛を行うことが鉄則です。体調が優れない場合は施術を延期してもらうなど対策をとりましょう。

余分なヒゲは剃っておく

 

脱毛をする際にヒゲが多いと脱毛器が反応しやすくなるので痛みが強くなってしまいます。ヒゲ脱毛をするのだからと放置はせずに施術当日にもしっかりとケアを行うことが大切です。ですが、脱毛をする直前にヒゲを剃ってしまうと痛みを伴う場合があります。

ヒゲを剃った直後は目には見えない傷がある可能性もあるので、脱毛器による照射の熱で痛みが増すだけではなく肌トラブルを引き起こす心配もあります。なので、脱毛をする3~4時間前までに自分で脱毛を行うようにしましょう。

痛みを最小限に抑える!おすすめメンズヒゲ脱毛はHAloss

自分で痛みを抑える方法を試すことや麻酔を使用して痛みを抑えるとしてもヒゲ脱毛に不安が残る人がいるでしょう。その場合には信頼できるサロンやクリニックに脱毛を依頼することが重要となります。

愛知県名古屋市にあるメンズ脱毛の専門店「HAloss」は、経験豊富なスタッフの手によってメンズヒゲ脱毛が行われます。しかも、看護師として医療知識を持っており、肌の状態を見ながら脱毛するため肌トラブルの予測や発見も瞬時に行います。

ヒゲ脱毛を行う機械については、最新型の光脱毛器を活用しています。痛みが強いとされるレーザー脱毛器と比べると痛みの少ない脱毛器となっており、数十種類ある脱毛の強さから一人ひとりに合った出力で施術を実施します。

また、脱毛を行う際には痛みや炎症が抑えられるよう冷却システムが備わっているので脱毛時の痛みを最小限に抑えることができるでしょう。どうしても不安の残っている方は、無料カウンセリングの際にテスト脱毛を実施しているので、その時に試してみてはいかがでしょうか?

ヒゲ脱毛は想像していたよりも痛みが強く感じる場合があります。痛みがあれば脱毛を続けることができないので麻酔を使うことを考える人もいらっしゃいますが、麻酔の種類によっては効果を感じることができない可能性もあります。そのため、信頼できるメンズヒゲ脱毛サロンでの施術が重要となるでしょう。

HAlossは技術力の高い経験豊富なスタッフと最新の脱毛機器によるヒゲ脱毛を行えるので安心してヒゲ脱毛を受けることができます。興味があれば無料カウンセリングに足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

名古屋駅から徒歩3分!!

メンズ脱毛専門店『HAloss』

ご予約・お問い合わせはこちら

あわせて読みたいオススメ記事

無料カウンセリング、ご相談などお気軽にお問い合わせください 無料カウンセリング、ご相談など
お気軽にお問い合わせください
tel:0120689863
  • 無料カウンセリング予約
  • むだ毛・脱毛のご相談
  • LINEからお問い合わせいただけます!
    下のボタンからHAlossを「友だち追加」! 友だち追加数
  • 名古屋駅から徒歩3分
  • 夜9時まで営業
LINEでもご相談を受け付けております

相談しづらい内容なども、電話番号やメールアドレスが不要のLINEアプリにて、お気軽にお問い合わせください!

ID検索ID:@ofj6605vまたは、右のQRコードからメンズ脱毛専門店HAlossを「友達に追加」してください。

LINE限定のお得な情報も随時配信中!

名古屋で脱毛するなら男性の
脱毛専門店HAloss(ハロス)